【注意点あり】アーモンドは健康的に太れる?カロリーや栄養など解説します

健康・美容・ダイエット
痩せている人の中には太りたい!って人は多いですよね。そこで最近よく聞く言葉。 「アーモンドは高カロリーだから効率良く太れる」

はたして本当にアーモンドは太れるの?そんな疑問にお答えします。

  • アーモンドは本当に太れる?
  • アーモンドのカロリーや栄養面など解説
  • アーモンドは太るために最適な食事である理由を解説
  • アーモンドは肌が荒れる?
豆
重大なデメリットもあるので最後までご覧ください。

アーモンドは本当に太れるのか?

almond

結論から言います。アーモンドを日常的に食べても太れない可能性が大です。

しかし「アーモンド」というのは高カロリーかつ手軽に摂取しやすくバランスの良い食事です。 1日のカロリーが不足を解消してくれる役目を持っています 。 何も考えず食べても太れませんが、きちんと知識を持って効率よく食べればアーモンドを有効に活用して太ることもできます。

アーモンドのカロリーや栄養を解説

almond アーモンドはコンビニやスーパーでたくさん販売されていて、その種類によってカロリーや塩分量などが違います。

アーモンド(素焼き)/100gアーモンド(フライ 味付け)/100gアーモンド(いり 無塩)/100gアーモンド/1粒(1g)アーモンド/20粒(20g)

カロリー タンパク質 脂質 炭水化物 糖質
587 kcal 19.6 g 51.8 g 20.9 g 10.8 g
606 kcal 19.2 g 53.6 g 22.3 g 10.4 g
608 kcal 20.3 g 54.1 g 20.7 g 9.7 g
6 kcal 2.0 g 0.5 g 0.2 g 0.1 g
120 kcal 40.0 g 10.0 g 4.0 g 2.0 g
摂取基準 (上段男性、下段女性)
2650 kcal
2000 kcal
60.0 g
50.0 g
73.6 g
54.8 g
364.0 g
271.0 g
344 g
253 g

引用:ヘルメシプレスさん アーモンドは1粒あたりカロリーが6〜7kcalです。仮に1日30粒のアーモンドを食べたとすると摂取カロリーは約180~210kcalとなり、お茶碗のご飯1杯分くらいのカロリーを取ることができます。おやつ感覚で超手軽にカロリーを摂れるのがポイント。塩分などが気になる方は、素焼きが1番オススメです。

アーモンドのメリット・デメリット

アーモンドを太るために食べるメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

アーモンドを摂るメリット

  • コンビニやスーパーなど簡単に手に入る
  • 1粒1粒で手軽に摂取が可能
  • おやつ感覚で作業しながらでもカロリー摂取が可能
  • タンパク質の含有量が優秀
  • 低糖質で血糖値が上がりにくい
  • 栄養のバランスが良い

手軽に手に入る

アーモンドの1番のメリットは手軽という点です。アーモンドはコンビニ、スーパーどこでも食品を扱っているお店なら手に入ります。仕事や学校の帰りでも簡単に買ってカロリー摂取できることがメリットです。

タンパク質の含有量が優秀

アーモンドは100g中18.6gのタンパク質が含まれているので、高タンパク食品と言えます。タンパク質が多いということは、プロテインと同じように筋トレ後に食べることで筋肉の肥大化も期待できます。

栄養バランスが良い

アーモンドにはタンパク質以外にも、

  • ビタミンE:抗酸化作用
  • 食物繊維:整腸作用、肥満・生活習慣病の予防・改善
  • 不飽和脂肪酸:悪玉コレステロールの低減、血圧降下
  • ビタミンB2:肌の健康維持

のような豊富な栄養素がたくさん含まれています。

  1. 「抗酸化作用」があり、しみやシワ、老化の予防効果
  2. 肥満や生活習慣病を予防しお腹の調子を整えてくれる
  3. 肌や粘膜の健康を保護したりするはたらき

など食べ過ぎをしないように適量であれば、体づくり以外にも健康面でも有効活用できる食品です。

アーモンドを摂るデメリット

  • アーモンドは太りやすい食品ではない(むしろ太りにくい)
  • 便秘になる
  • お腹が緩くなる
  • 肌荒れの原因になるかも?

肌荒れの原因

抗酸化作用を持つビタミンEが注目されるアーモンドですが、脂質が多いので食べ過ぎてしまうとニキビや吹き出物の原因に繋がります。

しかし、アーモンドには脂質だけでなく
  • ニキビができるのを予防する
  • 皮脂をコントロールしてくれる
効果が期待出来るビタミンB2も含まれています。
豆
つまり適量であれば大丈夫!食べ過ぎは肌荒れの原因に繋がりますので注意!

便秘になる

アーモンドは食物繊維が豊富に含まれているので便秘改善に役立つと言われていますが、食べ過ぎると逆に便秘が悪化することもあるので注意が必要です。

アーモンドに含まれている「不溶性食物繊維」は、腸内で水分を吸収して便のかさを増やし、腸の蠕動運動を促進して便を出しやすくすると言われてます。 しかし摂りすぎてしまうと逆に便が大きくなってしまい、腸内をスムーズに通過できず、排便しにくくなってしまうのです。

お腹が緩くなる

今度は反対にアーモンドには脂質が多く含まれるので、食べ過ぎると胃や腸に負担がかかり、胃もたれや下痢を引き起こしてしまいお腹を下しやすくなってしまいます。 適量を守らないと太るどころか痩せます

アーモンドは太りやすい商品ではない?

アーモンドは高カロリーで栄養素も豊富ですが、太る目的でメインで食べる目的で使用するには正直微妙です。食べすぎるとデメリットな効能が目立つのと、アーモンド噛み応えがあるので咀嚼回数が増え、食べたとき高い満足感を得られてしまいます。噛めば噛むほど、満腹感を感じやすいってこと。アーモンドでお腹の満足感を得てしまうとメインの食事が食べられなくなってしまう可能性があるのでご注意を。 これが「アーモンドが痩せる」と言われている要因です

アーモンドの1日の摂取目安や摂取方法(個人的オススメ)

デメリット部分も多く紹介しましたが、きちんと適量を守れば太る目的でも十分効果があります。

そこで個人的に私は食べている1日のアーモンドの量や食べる時間帯などを紹介します。

私のアーモンドの1日の摂取量

1日の摂取量:25〜30粒が基本カロリー換算:180kcal程度摂取の時間帯
:昼食前10粒
:夕食前10粒
:就寝前10粒

食事でもなんでもない時間に「おにぎり1個分」くらいのカロリーを有効的に摂れるように意識しています。
痩せている人は圧倒的にカロリーが足りていないことが多いので、簡単に小まめに摂れるアーモンドを有効的に使用しましょう。

アーモンドより効率が良いのはプロテイン?

アーモンドは先ほども解説したように太るためにメインで食べるにはデメリットが多すぎます。 超カロリーが高いわけではないし、、 なので太るためのプロテイン、「プルエルプロテイン」などを飲んだ方が短期間で太るには、より有効的です。
\ 30日間返金保証付き /
プルエルプロテイン」を詳しくみてみる

まとめ

アーモンドは適量を守り食べすぎなければ有効的に活用できます。

しかし超効率的に太れるかと言われればそうでもないので、プロテインなどを使用した方がもしかしたら太る早道かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました