【コーデ】ガリガリの男の悩み!細い体が目立ちにくい洋服を紹介【Tシャツ・半袖は無理】

ガリガリ・痩せている男性にとって夏の洋服が嫌いな人は多いはず。

僕は大嫌いです。

なぜなら、「薄着=細いコンプレックスな体が目立つ」からです。

僕は170センチ50kgの超ガリガリボディ

細い体の人にとって「半袖のTシャツ」ってハードル高くないですか!?

学生時代から大人になった今でも、ずっと

  • 「ほっそ!」
  • 「女の子みたい」

と言われ続けた僕は、これ以上「細い」と言われたくないあまり、少し神経質になってしました。

そこで生まれた時からずっと細い僕が、「細い体が目立ちにくいファッション」を紹介します。

目次

細身が目立ちにくいメンズコーデおすすめ3選

実際に僕も、これから紹介する3選のような洋服ばかり着て街を歩いています。

(いつか普通に気にせずTシャツ1枚で歩きたいよなぁ、、)

七分袖のニット

七分袖のイメージ図

七分袖のニットって夏でも着てて不自然じゃないし、細い体も目立ちにくいし最高のバランスだと個人的には思っています。

色にもよりますが、どのズボンとも組み合わせがしやすい万能ちゃんです。

なのでガリガリメンズには七分袖をオススメします。

カーディガンを羽織る

カーディガンの例

「超薄手のカーディガン」を羽織ることで、体のラインが目立ちにくくなります。

カーディガンの下が半袖でもカーディガン自体が七分袖なら、上で紹介した「ニットの七分袖」と同じように体のラインが目立たず着れます。

真夏など、とても気温が暑い日などは「七分袖ニット」より「カーディガン戦法」を僕はよく使います。

ジャケットを羽織る

ジャケットの例

セットアップのジャケットやテーラードジャケットなども細身の身体ラインを隠すのに最適です。

ドレスコードのお店やデートなど重要な場面では重宝してくれるはずです。

以上の3つが痩せている体型を隠すためにオススメな洋服たちです。

しかし上の3つの洋服でもちゃんとサイズに合った洋服を選ばないと、逆に目立つことにもなるので注意!

下で着こなしの注意事項も解説します。

細い体型を隠すには首元が重要

画像引用:Dcollectionさん

同じ洋服でも「サイズ」だけでかなり印象が違います。

(左はジャストサイズ・右は大きめ)

特に痩せ型の男性は首元がダボっと開いていると「細さ」が目立ってしまいます。

なのでTシャツに関しては首元を意識して洋服を選びましょう!

足の細さに不安がある人は「Aラインシルエット」を意識

画像引用:Dcollectionさん

足に不安がある人は「Aラインシルエット」を意識し、洋服を選びましょう。

「Aラインシルエット」とは?

上半身は細身、下半身はワイドパンツのようなある程度、太さのあるアイテムで作るのが「Aラインシルエット」

ドシっとした印象があり、細身が目立ちにくく、男らしい印象を与えることができます。

下半身の細さが気になる方は是非試してください!

【LAMBDA(ラムダ)】自分の身体の特徴に合わせたTシャツ

「ラムダ」というファッションブランドは、10 個の質問に答えるだけで自分の体の特徴にぴったりのTシャツを届けてくれるサービスを行っています。

通常のファッションブランドであれば1枚数万円もする素材(オーガニックコットン100%, 8 ~ 9 オンス)を使用しており高級感のある Tシャツ。

ウエスト幅を調整し逆三角形のシルエットに見えるように工夫してされており、1枚でカッコよく着れます。

ビジネスシーンからカジュアルな私服としても対応できる利用用途の幅広さが魅力的です。

ガリガリの方でもラムダのTシャツであれば、痩せすぎ体型でも悪目立ちせず、きちんと着こなせるようにオーダーメイドしてくれますのでオススメです!

\ S・M・Lのサイズ概念を覆す独自の採寸設計 /

洋服で誤魔化すのは限界がある

実際に僕はこの方法で「痩せ型体質」を誤魔化していましたが、結局誤魔化せるのは一瞬だけ

付け焼き刃でしかないので、すぐに「細いね」「痩せているね」と言われてしまいます。

本当にコンプレックスで「体型を変えたい」という強い意志がある人は、間食を増やすように生活を改善してください。

【関連記事】>>ガリガリ・痩せすぎ体質は胃腸が弱いからプロテイン飲んでも意味ない?

僕は間食を増やして3ヶ月ほどで5kg太れました。(元々50kg→55kg)

まだ細身で太る活動は継続中です。

太るためには「カロリー」が必要

体型を大きくするのは消費カロリーより摂取カロリーを多く取る必要があります。

効率よくカロリーを摂取する方法を記載するので、「太りたい」方は参考にしてください。

太るためのプロテインを活用する

通常のプロテインにはカロリーは多く含まれていないので、飲んでもそこまで太りませんが、太るためのプロテイン「プルエルプロテイン」は違います。

食べても太れない方向けに開発されたプロテインなので、筋トレをしなくても効率良く大きなカロリーを吸収できます。

詳しく別記事で解説してますので興味のある方は、ご覧ください。

【関連記事】>>太るための「プルエルプロテイン」は効果がある?【特徴や違い】

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる