ガリガリ・痩せすぎ体質は胃腸が弱いからプロテイン飲んでも意味ない?

protein-garigari

ガリガリ・痩せている人が太るためにするべきことは「食べる」こと。

そして「効率よくタンパク質を摂取して短期間で太りましょう」と、どこのサイトを調べてもこの言葉ばかりです。

しかし安易にプロテインを購入するのは待ってください。

なぜ、あなたは痩せているのか?

痩せている理由は胃腸が弱いから・たくさん食べるのは苦手だからだと思います。

胃腸が弱い=吸収できない。

つまりどんなにプロテインを頑張ったって吸収できなければ、お腹を壊して下すだけで意味はないのです。

経験上、僕はいろんなサイトが言う

  • 「1日数回のプロテイン摂取」
  • 「カロリーのための爆食い」

を数年試しましたが、まるで意味がありませんでした。

お腹を下すだけで太れない

確実に太るための方法を50kgから60kgまで太った僕が解説します。

今まで努力をしたのに太れなかった人は是非、最後まで見ていってください。

目次

そもそもプロテインとは?プロテインは太るのか?

消費カロリーより摂取カロリーが多くないと太れない

まず太るためには、

消費カロリー<摂取カロリー

という構図を作る必要があります。

普段日常生活で歩くだけでもカロリーは消費されていきます。

食事で消費されてしまうカロリー以上のカロリーを摂取しなくては太れません。

プロテインの目的とは?

じゃあ「プロテインでカロリーを多く取れば良いんだ!」と思うかもしれません。

僕はそう思っていました。

しかし、それは違います。

プロテインを飲んでも「太る」という直接的な要因には繋がらないのです。

※信用性のある森永製菓のプロテイン解説ページの言葉です。

プロテインは「ただのタンパク質」なので太る成分ではありません。

牛乳を入れて飲んだとしても、おにぎり1個分くらいのカロリーです。

プロテインをガブガブ飲んだとしても、そこまで大きなカロリーにならないのと、

  • 「他の食事が入らななくなってしまう」
  • 「水分でお腹が緩くなり下してしまう」

という返ってデメリットの方が目立ちます。

カロリー目的なら普通におにぎり買って食べた方が良い

プロテインはタンパク質は筋肉や骨、血液の材料となる栄養素だが、たくさん摂ってカロリー目的の太る用ではない。

太るためには「食事」が全て・消化ができないから「間食」を心掛ける

じゃあ「どうやったら太れるのか?」それは食事しかありません。

しかし上でも解説したように消化して吸収できなければ、いくら食事をしても意味がありません

マクドナルドのようなハイカロリーなものを摂っても胃腸が弱い人は吸収できません

胃腸に優しいものを1日5食に分けて食事をする「間食」が1番太ることへの近道です。

※僕も吸収しづらい食事を避け、1日4〜5食の間食をするようになってから太りました。

胃腸に優しい食べ物とは?

胃腸に優しいかつ、高カロリーな食べ物を食べるように意識しましょう。

胃腸に優しい食べ物
穀類お粥、おじや、雑炊、煮込みうどん、フレンチトースト、やわらかいパンなど
半熟卵、茶碗蒸し、卵豆腐、炒り卵、温泉卵、スクランブルエッグ、ふわふわ卵、卵とじ煮、オムレツ、かきたま汁、プリンなど
魚類鯛、ヒラメ、カレイ、アジ、タラ、マグロ、鮭、牡蠣などの煮物・焼物など
肉類グラタン、シチュー、つくね煮、蒸し鶏、肉団子スープ煮・うま煮、ロールキャベツ、そぼろ煮など
乳製品クリーム煮、シチュー、ババロア、牛乳、ヨーグルト、チーズ、アイスクリーム、牛乳ゼリーなど
豆類湯豆腐、冷や奴、豆腐あんかけ、味噌煮、炒り豆腐、白和え、納豆、みそ汁、生揚げの煮物など
芋類マッシュポテト、ポテトサラダ、とろろいもそぼろ煮、粉ふき芋、クリーム煮、茶巾絞りなど
野菜類煮物、スープ煮、クリーム煮、おひたし、卵とじ煮、みそ汁、あんかけなど
飲み物お茶、麦茶、紅茶、乳酸飲料など
菓子類ビスケット、クッキー、キャンディー、カステラ、菓子パン、和菓子、ゼリーなど
引用:https://ganjoho.jp/public/support/dietarylife/poor_physical_condition.html

この中で特に乳製品を使用した、クリーム煮、シチュー、グラタン、チーズなどは高カロリーで脂質やタンパク質も豊富で消化もしやすいのでオススメです。

間食の仕方

痩せている人は胃腸が弱いことが多いので、一度にたくさんの食事が苦手です。

なので1日5食程度を目安に、こまめに食事の回数を分けることを意識しましょう。

間食の食事の例

僕は1日の食事を5回程度に分けています。

09:00 朝食(パンや白米)

12:00 昼食(仕事休みで外食やお弁当)

15:00 間食1(おやつの時間におにぎりなどお米を摂る)

18:00 夕食(家での食事)

20:00 間食2(朝までの消化を促すため遅くても21時までに)

仕事の関係で必ずこのように食事ができているわけではないですが、最低でも1日4食は食べるように徹底しています。

また夜21:00までには、必ず1日の食事を終わらせるようにしています。

なぜなら夜寝るときに満腹で横になり就寝すると、消化が間に合わず下してしまうことが多いので寝る3時間前には必ず食事を終えています。

プロテインも有効に活用すれば「太れる」

ただ飲めば「太る」わけではないと説明しましたが、カロリーの高い、かつ消化・吸収しやすいプロテインを選んで飲めば「太る」ために有効な効果が期待できます。

そして筋トレをすれば身体自体が大きくなりやすいので細型の身体を卒業しやすくなります。

筋トレとプロテインの組み合わせは大事!

プロテインは1日1〜2回までに抑えましょう。(胃腸が弱い人はお腹を下すため)

個人的に飲んでよかったプロテイン

個人的に1番飲みやすかったプロテインはウェリナというメディアにも多数出演されている森拓郎さんプロデュースのものです。

たまたまこのプロテインを頂いて飲んでみたのですが、プロテインとは思えないほど美味しくて続けやすかったです。

【関連記事】>>【レビュー】Welina ウェリナプロテインは自然な味で最高の美味しさ

太るためのプロテイン「プルエル」

健康的に太ることを目的としたプロテインがあるのをご存知ですか?

「プルエルプロテイン」というもので通常のプロテインと違い、高カロリーかつ胃腸が弱い人でも吸収がしやすいように作られています。

詳しい特徴が別記事にまとめてますので、ぜひご覧ください。

【関連記事】>>太るための「プルエルプロテイン」は効果がある?【特徴や違い】

\ 今なら30日間返金保証付き /

まとめ

プロテインは、なんでも良いわけではありません。

痩せている人は特に「ちゃんとしたプロテイン」を選んで胃腸に気を遣いながら飲む必要があります。

ぜひ間食を増やすのとプロテインを有効活用し太ってコンプレックスを卒業しましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる