ハードゲイナーとは何?原因やハードゲイナーが太る方法を解説します【手首で見極め?】

hard-gaine

この記事では、

本記事のまとめ
  • 「ハードゲイナーとは何?」
  • 「ハードゲイナー」が太るための方法

という疑問や解決策をご案内します。

目次

ハードゲイナーとは何?

「ハードゲイナー」とは簡単にいうと「食べても全然太れない人」のことを指します。

もう少し詳しく解説をすると、元々「ハードゲイナー」という言葉自体はボディビル用語の一つで体質を指す言葉です。

  • 人より食べているのに全く太れない
  • カロリーが高いものを食べているのに太れない

のように努力しても「太りづらい人」は「ハードゲイナー」の可能性が大いにあります。

筋トレしても筋肉がつきにくい人も「ハードゲイナー」と呼びます。

ハードゲイナーの原因とは?

なぜ「ハードゲイナー」が太れないのか?

それは胃腸が弱く、食事を食べても吸収できていないからです。

たくさん食事をしても、カロリーが高いものを摂取しても吸収できず、お腹を下していたら意味はありません。

食べても太れない人は、

  • 胃腸が弱い
  • お腹を下しやすい

という特徴に心当たりが多いのではないでしょうか?

「ハードゲイナー」は基礎代謝が高く、栄養を吸収しにくい傾向にある。そして食事をしても吸収できない、消費が早い特徴がある

「ハードゲイナー」かどうかの見極め方

ただ痩せているだけでは「ハードゲイナー」かどうかは判別がつきません。

そもそも1日の「摂取カロリー」は足りている?

吸収以前のお話で、もともと「普段の食事からカロリー摂取量が足りていない」(1日2食しか食事をしないなど)のであれば「ハードゲイナー」ではなく、ただのカロリー不足で痩せているだけです。

自分では、きちんと食べているような気がしても「カロリーは全く摂取できていない」ということがあります。

成人の摂取カロリー目安
  • 成人男性:2200±200kcal程度
  • 成人女性:1400~2000kcal

きちんと三食、食事をしていて成人の摂取カロリー以上は摂っているつもりなのに太れない人が「ハードゲイナー」です。

手首で診断はできない!

Twitterで見かけたものですが、右手の親指と中指で、左手の手首を持ったときに余裕がある人が「ハードゲイナー」という投稿を見ましたが、これは曖昧です。

人によって手首だけ細い人もいれば、指が長い人もいるので「手首が細い」ことの確認にしかなりません。

上でも解説したように、ただ食べていないから痩せているパターンもあるので参考にはなりません。

ハードゲイナーが太るために必要なこと

太るために必要なこと・必要な知識をお伝えします。

プロテインや無理のある食事は意味がない

痩せていることに悩んでいる人は「太るためには、プロテインをさくさん飲みましょう!」という言葉を一度は見たことがあると思います。

しかしこの言葉は「ハードゲイナー」には意味がありません。

ガブガブプロテインを飲んで吸収できますか?

胃腸が弱いから太れてないはずです。

胃に負担をかけるやり方は「ハードゲイナー」にはできません。

【関連記事】>>ガリガリ・痩せすぎ体質は胃腸が弱いからプロテイン飲んでも意味ない?

食事は間食を意識し吸収できる量のみ

食事は体を太くするためにもちろん大事です。

吸収できる量を小まめに摂取する方法がおすすめです。

一度たくさんは吸収できないので1日4,5食を目標にする

僕は朝・昼・夜の通常の3食はそのままで「おやつ」と寝る前に「夜食」にバナナやパスタなど軽いものを食べるようにしただけで3ヶ月で5kg太りました。

筋トレ(ジム)が1番の近道

間食も大事ですが、やはり筋トレをして筋肉を肥大化された方が体を大きくする1番の近道です。

自己流でももちろん筋トレはできます。

しかしトレーナーからマンツーマン指導を受け、2ヶ月という短期間でコンプレックスから脱却することが最も早く太る方法だと思います。

別記事で「太ることに特化したパーソナルジム」をまとめてますので短期間で太りたい方は是非ご覧ください。

【関連記事】>>太るためのパーソナルジムおすすめ3選【太りたい人必見】

「太るためプロテイン」で効率よく栄養補給

ジムに通う余裕や時間がない方は、太るためのプロテイン「プルエルプロテイン」を飲むことで効率よく栄養を吸収し太ることもできます。

別記事で詳しく特徴を説明していますのでご覧ください。

【関連記事】>>太るための「プルエルプロテイン」は効果がある?

まとめ

ハードゲイナーは簡単には太れません。

一般的に太るための方法(プロテインや大量の食事)は胃腸が弱いく、吸収ができないので意味がないので間食を意識し、胃腸の負担を減らす。

そして筋トレをしてコツコツ体重を増やしていくことが1番重要です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる